ワードプレスで記事を投稿するときに、ping送信というものが行えます。
今回はping送信の設定方法と最新のping送信先の検索の仕方について紹介致します。

目次

ping送信とは

ping送信とは、記事をアップロードしたときに、
こんな記事をアップロードしたよ~というのを、
検索エンジンに知らせるというもので、
知らせることでインデックスが早まるという効果があります。
インデックスというのは、検索エンジンに表示されるというもので、
検索される順位はわかりませんが、検索エンジンに載ります。

それを早めるのがping送信というものです。

ping送信のメリットは?

ping送信のメリットとしては、先にも述べたインデックスが早まるという効果が主です。

他に、被リンクを付けることができるというメリットもあるのですが、
現在のSEOにとってこの被リンクが意味があるのかは不明です。

ですので、インデックスが早まるくらいに思っていた方が良いです。

ping送信の設定は?

ワードプレスを作ったばかりの時はping送信先が一つだけ設定されています。

一つだけでは、あまり効果が感じられないので、
複数設定することをおすすめします。

で、設定の仕方ですが、ワードプレスのダッシュボードの
「設定」にある「投稿設定」をクリックします。

次に出てきたページを少し下にスライドさせると
「更新情報サービス」という箇所があるので、そこにある
枠にping送信先URLを検索エンジンから探してきて
コピペして、「変更を保存」をクリックすれば設定は完了します。

ただし、ping送信先は何十個何百個と設定してしまうと
負荷がかかってしまうので、せいぜい10個以内くらいにとどめておきましょう。

最新のping送信先の調べ方は?

ping送信先は年月が経つと終了してしまったりするので、
年単位で結構ですので、送信先の更新をすることをおすすめします。

最新のping送信先の調べ方としては、
「ping送信 最新」や「ping送信 2021」「ping送信2022」などのように
googleで検索すると出てきます。

そこで、1位に表示されているサイトを見るのではなく
更新日が最新のサイトを見た方が最新のping更新先が見つかるでしょう。

有料でping送信を行なってくれるサービスもある

有料でping送信を行なってくれるサービスもあります。
例えば、「pingoo」と検索すると出てくるのですが、月額500円ちょっとで
ping送信を1000件以上してくれるというサービスです。

他に、記事を投稿したらfasebookやtwitterに自動で投稿してくれるサービスなんかもあるようです。

このping送信を1000件以上行なうという行為にどこまで意味があるのかは
わかりませんが、自動でtwitterなどに投稿してくれるという機能は結構使えるので、
気になった方は、「pingoo」と検索して登録してみてはいかがでしょうか。