キーワードは単体キーワード(1語のキーワード)から始まり、
それが枝分かれして2語のキーワード、3語のキーワードとなっていきます。
そうすることによって、検索ユーザーがなぜそのキーワードを調べてきたのか?
という理由が明らかになってきます。

キーワードを深掘りしよう

キーワードの始まりは、まずは1語のキーワードから始まります。
例えば、カメムシとかインフルエンザワクチンとか、サッカーとかですね。

そこから2語のキーワードなどに派生していきます。

まず、1語のキーワードでは検索ユーザーが何を持ってこのキーワードを調べてきているのかがわかりません。

ですので、もっとキーワードを深掘りしていく必要があります。

深掘りの仕方としては、
検索エンジンに直接1語のキーワードを入力してキーワード候補を調べるやり方があります。

「カメムシ」とgoogleで検索するとこんな感じで下側に候補キーワードが出てきます。

カメムシ ベランダ なぜ
カメムシ 寄せ付けない
カメムシ時期
カメムシ駆除 コーヒー
などなど

他に、googleの検索窓に「カメムシ」と打ち込むと(検索はしません)

さっきとは違う候補キーワードが出てきます。

そして、「カメムシ 」とカメムシの後にスペースを入れると

また、違ったキーワードが出てきます。

さらにさらに、
カメムシ あ
カメムシ い
カメムシ う
カメムシ え
カメムシ お
カメムシ か
カメムシ き
etc…

と、カメムシ空白のあとにあ~順に入れていくことでも
キーワードの候補が次々に出てきます。

こうやって、キーワードは広がりを見せていきます。

これを簡単に行なうツールがありますので、紹介致します。

ラッコキーワードを見てみる

このツールの検索窓に好きなキーワードを打ち込めば、
わざわざあ~順に入れていかなくても一括でキーワードが出てきます。

こちらでは「カメムシ」と入力して調べて見ます。

今は単体キーワードを入力しただけですが、700以上のキーワードが出てきました。
もちろん2語以上の複合キーワードを入力してもキーワード候補が出てきますので、
試してみてください。

これを使えば、かなりのキーワードの広がりを見せてくれるでしょう。